ルボックスはとロキソニンは同時に飲んでも大丈夫?

ルボックスとロキソニンの同時使用は問題なし?

結論から先に言えば、ルボックスとロキソニンの組み合わせはあまり推奨されません。ではなぜよくないのかを、ルボックスとロキソニンがそれぞれどんな薬なのかと併せて解説します。

 

一口に薬と言っても非常にたくさんのものがあります。これらは全て飲み合わせの相性という物があるのです。相性のいい物も悪いものもあるわけですが、ルボックスとロキソニンの相性は悪い方だと言えます。ではその理由を掘り下げていきましょう。

 

飲み合わせが悪いパターンとしては、各薬品の効果が似通っている場合や、作用機序(薬が効果を得るための仕組み)が同じ場合が多いです。

 

シンプルなパターンでは、睡眠薬を二種類同時に飲むといった同じ効果の薬を服用してしまう例があります。最大用量5mgの睡眠薬が2種類があるとします。「名前も違う薬だし、効果を上げたいから両方とも5mg飲もう!」という飲み方は絶対してはなりません。これでは一種類の薬を10mg飲んだのとほとんど変わりませんし、副作用も倍増してしまうでしょう。

 

となると、ルボックスとロキソニンは効果が似ているから相性が悪いのでしょうか? 仮にそうであれば相性の悪い理由にはなるでしょう。ここからは実際にどんな効果があるのを解説します。

 

ルボックスの効き目・作用機序


ルボックスは抗うつ剤で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)に分類されています。

 

脳内でセロトニンが少なくなれば神経伝達能力が衰えて、やる気がなくなるなどの症状が出てきます。これが俗にいう「うつ」の状態です。脳内のセロトニンはしばらくすると体内に取り込まれるのですが、ルボックスはセロトニン受容体に働きかけてこの取り込みを邪魔します。体内に取り込まれる量が減ると、当然脳内のセロトニンの量は増える事になります。これにより抗うつ効果を発揮します。

 

ルボックスは脳内にあるセロトニン量を増やすことでうつの治療をします。

 

ロキソニンの効き目・作用機序


ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。

 

怪我をした患部では、痛み・炎症の原因となる物質「プロスタグランジン」が生み出されます。そうすると脳は「怪我をしているから痛い」と感じることになります。ロキソニンはこの「プロスタグランジン」の分泌量を減らすことができます。痛みの下人となる物質が少なくなれば必然的に痛みも軽減されます。

 

ロキソニンは痛みの原因となる物質を減らすことで、痛みを軽くします。

 

 

 

ルボックスは脳内でセロトニン濃度を高める働きを行い抗うつ効果を発揮する。ロキソニンは怪我の箇所で痛みの原因となる物質の生産を抑える。といったように、それぞれの薬は効き目も作用機序も無関係です。

 

ルボックスとロキソニンは相互に干渉しない

 

ここまでの解説でわかるように、ルボックスとロキソニンは効き目・作用機序などに共通するところがありません。ここまで見ると今のところは相性が悪くなる要因はないようです。

 

しかし、薬の飲み合わせは効き目や作用機序がダブらなくても、お互いの効果を変えてしまうことがあるのです。

 

AとBを併用するとAの効き目が強くなる
AとBを併用するとAの効き目が弱くなる

 

各々の効き目がまったく違っても、それぞれの効果に干渉してしまうことがあります。ですが、これは例外的なことであり、ルボックスとロキソニンに関してもこれは当てはまりません。実際に服用している方たちからもこういったことがあったという報告はないようです。

 

ルボックスとロキソニンは併用しても大丈夫?

今までにルボックスとロキソニンの併用は、効き目も作用機序が違うという点、そしておお互いの効果に影響を与えることもないという解説をしてきました。「それであれば、相性はいいんじゃないの?」と思われる方もいることでしょう。しかし、実際には気をつけなければならないポイントがあるのです。それは何かというと副作用です。

 

まず、ロキソニンの副作用の一つに血液がサラサラになるという物があります。これはそんなに悪いことには思えませんし、実際単独使用であればそこまで問題はありません。

 

ですが、ルボックスには出血しやすくなる、という副作用がありますから、これと合わさるとあまり歓迎できるものではありません。

 

それぞれの副作用はあまり大きなのもではなく、治療目的であればこの位仕方ないかな?というようにスルーされていることも多いです。しかし、両者が重なるとこれはちょっとした問題です。少し怪我しただけで大量出血につながる可能性があります。

 

なんとかこれを対処できないのでしょうか?

 

対処法

危険です。ルボックスは抗うつ薬なのですから、薬選択はデリケートに行わなければならず、急にやめてしまったり、別の薬に変えるのはよしましょう。

 

消去法ではありますが、ロキソニンを別の鎮痛剤、アセトアミノフェン系のものにするのがいいでしょう。アセトアミノフェン系鎮痛剤には血液をサラサラにする副作用はありません。どれがアセトアミノフェン系鎮痛剤かわからなければ店員さんに聞いてしまった方が間違える危険もなく安全です。

 

ルボックスとロキソニンの飲み合わせについて病院で聞いてしまう


ルボックスとロキソニンの組み合わせはあくまで「併用注意」であり、どんなことがあっても使ってはならないという訳ではありません。とはいえ薬という物は扱いが難しく、飲み方ひとつで健康になったり、逆に体調を崩したりするものです。考えでは 納得していても、腑に落ちないこともあるはずです。そんなことでストレスを溜めてしまっても全く意味がありません。

 

どうしても、納得できなければ一回でいいので病院で相談してみるのもいいかもしれません。次回ルボックスの処方をしてもらう際にでも「こういう使い方なら大丈夫」「気にせず使ってもいいよ」「絶対に併用してはダメ」と明確に答えてもらえばすっきりするはずです。質問する場合はそのまま「ルボックスとロキソニンを一緒に飲んでも大丈夫ですか?」と聞いた方がいいでしょう。「とある鎮痛剤とルボックスを一緒に飲んではダメな状況はありますか?」などと遠まわしな聞き方はやめましょう。

 

ルボックスはこんな薬

ルボックスの概要をまとめると、以下のようになります。
ルボックスは世界初の、SSRIと呼ばれるタイプの抗うつ剤です。
この薬には、体内にあるアドレナリン・セロトニンを増やす作用があります。
アドレナリン・セロトニンは、脳を刺激して気力を出させる働きがあります。
その結果、無気力やうつ状態を改善します。

 

ルボックスが発売される以前は、三環系や四環系と呼ばれるタイプの抗うつ剤が主流でした。
しかしこれらの抗うつ剤には、効果や副作用の点で問題がありました。
ルボックスの発売以降、用いられることは少なくなりました。
ルボックスは副作用の少ない抗うつ剤ですが、服用には注意点があります。
持病がある方や妊婦の方など、人によっては使用できない場合があります。

 

また服用することで発疹やむくみなどの、過敏症状があらわれる場合があります。
過敏症状があらわれたら、使用を中止して医師の診断を受ける必要があります。
ルボックスをはじめとして、抗うつ剤が効果を発揮するまでには、時間がかかります。
すぐに効果を感じられなくても、服用を続ける必要があります。
しかし実際には、患者の自己判断で薬の服用を止めてしまうケースも少なくありません。
医師から処方されたルボックスは、指示の通りに服用することが大切です。

 

 
http://www.goldsoukindia.com/ http://www.unluapartpansiyon.com/ http://al-bo.net/ http://gorsellestirmehizmetleri.com/